today’s CG
今日のCG

About us
私たちについて

01 一気通貫のサポートをいたします

面倒な業務は当社にお任せください。

各セクションに専任を配置し、データや情報が無駄なく引き継がれ徹底した整合性を確保いたします。面倒な業務は当社が引き受け、本来の工事業務に集中していただきます。

01 一気通貫のサポートをいたします

面倒な業務は当社にお任せください。

各セクションに専任を配置し、データや情報が無駄なく引き継がれ徹底した整合性を確保いたします。面倒な業務は当社が引き受け、本来の工事業務に集中していただきます。

02 弊社スタッフは御社スタッフです

それぞれの得意分野を持つプロスタッフにお任せください。

年間 700 棟以上のサポート実績は営業過程のプレゼン図面からCG部門、その 後の意匠設計部門、構造設計部門と、常に連携して業務を行っております。

したがって、図面の整合性はもちろんのこと、時間の短縮・コストの削減等さま ざまなメリットがあります。各分野のプロスタッフが御社のプロスタッフです。

02 弊社スタッフは御社スタッフです

それぞれの得意分野を持つプロスタッフにお任せください。

年間 700 棟以上のサポート実績は営業過程のプレゼン図面からCG部門、その 後の意匠設計部門、構造設計部門と、常に連携して業務を行っております。

したがって、図面の整合性はもちろんのこと、時間の短縮・コストの削減等さま ざまなメリットがあります。各分野のプロスタッフが御社のプロスタッフです。

03 省エネにも対応いたします

脱炭素社会向けて2022年10月から省エネ性能の認定基準が変更されました。
2025年には省エネ基準への適合が義務化されます。
これまでオフィスビルなど一部の建物が対象とされてきましたが、2025年度以降は、住宅を含む全ての新築の建物が断熱材の厚さや窓の構造などの基準を満たすことが求められるようになります。
2030年には義務化の基準がZEH基準レベルへ引き上げられる予定であり、建築物分野での省エネ対策が加速しています。

03 省エネにも対応いたします

脱炭素社会向けて2022年10月から省エネ性能の認定基準が変更されました。
2025年には省エネ基準への適合が義務化されます。これまでオフィスビルなど一部の建物が対象とされてきましたが、2025年度以降は、住宅を含む全ての新築の建物が断熱材の厚さや窓の構造などの基準を満たすことが求められるようになります。2030年には義務化の基準がZEH基準レベルへ引き上げられる予定であり、建築物分野での省エネ対策が加速しています。

Service
事業内容

CG建築・CGパース
プロモーション動画制作

素材のリアルさを追求するとともに、写真を超えるクオリティを追求した CG パ ースは本物と見間違う「フォトリアル」を実現できます。 またコンペやプレゼンの重要なポイントになるプロモーションはよりわかりや すく紹介することができお客様に強い感動を与えることが可能です。

設計サポート

設計サポートとは、図面の作成から建築確認申請をはじめとする住宅の建築に 伴うさまざまな申請業務(長期優良住宅、住宅性能評価など)をお忙しいご依頼 主様に代わり、当社専門スタッフが対応いたします。 また、申請を必要としない説明義務などの省エネに関する計算業務もお任せく ださい。

One push
VRモデルルーム体験

CGで作成したモデルルームを360°体験できる動画です。デバイスまたはマウスを動かして360°を体験してください。

よりリアルなVR体験は、下記ボタンからご覧いただけます。

Case studies
導入事例

株式会社LIXIL住宅研究所

五朋建設株式会社

アトリエサクラ有限会社

住起産業株式会社

一級建築士事務所 GO_AN

株式会社アースリンクイノベーション

SNS
Instagram

Contact
お問い合わせ